Dairy


 この声が聞こえますか? この言葉は届きますか?
 此処は、雪村の日々の想いや出来事を書き連ねた場所です。
 また、拍手を頂いた方へのお返事もさせて頂きます。
 「死者と共に死者の言葉で」――生きるものもあれば死に行く者もあり。
 けれど、生なくして死は存在せず。今は亡き者達をなくして、私自身も存在せず。
 かつて隣りにいた人々への思いを抱きながら、今日も言葉を連ねます。

11/05 不器用

 11月に入りました。
 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、お風邪など召されておりませんか。
 雪村は、まずまず元気です。元気……? うーん、風邪は引いておりません。

 さて、先月、サイト閉鎖のお知らせを致しまして、今まで応援してくださった方々から、あたたかいお言葉を頂きました。ありがとうございます。
 本当に言葉とは不思議なもので、それひとつで傷付いて再起不能になることもあれば、背中を押されて立ち向かう力を得ることも出来るものですね。今、匿名の時代の中で、心無いコトバがあふれていますが、一方で、優しさやぬくもりをたたえた言葉も沢山あるんですよね。雪村自身、視野がとても狭くなっているなと感じます。顔を上げれば、優しさも沢山あふれているのに。

 会社で、周囲の人は直接触れては来ませんが、雪村が急激に痩せてゆく姿に様々に思うところがあるようで。
 お医者様から、これ以上は命にかかわる可能性があるから、このまま同じように仕事を続けてゆくことは考え直した方が良いといわれ、社長に相談をしましたところ、「恵理が死んだら、遺族ともめるかも知れないけど、そうしたら社名を変えて続ければ良いだけだから、何も気にしなくて良い」と言われました。
「そうですか、それなら良かったです」
 と素直に受け止めた自分にちょっとビックリします。それがこのサイト閉鎖のお知らせの直後のことで、本当に割と最近まで素直に働いてきたわけですが、「いやいや、そういうことじゃないだろう」とどこかから妙に冷静な自分の声が聞こえて、仕事を少しだけセーブすることになりました。

 会社で雪村を一番可愛がり、理解してくれているのが9歳上の工場長なのですが、過去にお医者様から「あなたという人を評価するとき、人は十中八九“真面目”という言葉を使う」といわれた話をしたら、「あなたは“真面目”じゃないの、“クソ真面目”」と嘲笑されました。
 でも、雪村から口にするまで本当に何も言わずにいてくれたけれど、「クソ真面目が過ぎてどんどん痩せていくあなたに苛々してた」「あなたという人間は嫌いじゃないけど、あなたのそういうところは本当に嫌い」とはっきり言われました。ふと、あぁ、この人は、私が手を差し伸べても甘えないであろうことを知っていて、どうしようもないままひとりでぬかるみの先の泥沼を黙々と歩いている姿に傷付いていたんだなぁ、と思いました。「嫌い」なことははっきりと「嫌い」というけれど、「あなたは嫌いじゃない」という彼のコトバが、「あなたが好きだ」という意味だと理解できるまでにやっぱり少し時間がかかりました。あ、恋愛的な意味ではなく(妻子持ちです)。
 不器用なりに前に進もうとする姿は人間として好き、でも、自分を幸せにする方へ歩けず、命を削ることを厭わない姿が嫌い。
 多分、このサイトでもちょいちょい晒していた雪村のそういう姿に、同じようなもどかしさを感じていた方もおられたんだろうなぁ、と、ここでコトバを吐き散らしていた過去を振り返り、思います。
 見守ってくださっていて、ありがとうございました。


 あと10日です……
 今は、『サクラ大戦』『るろうに剣心』『ONE PIECE』の作品の一部をPixivに移動しようと考えています。16年、書き続けることでちょっとずつ成長してきたことは事実としてあると思うので、残しておきたいなという気持ちもちょっとありまして。
 まだ何も手を付けていないのですが、最終週(来週ですね)には、そういうお知らせをさせていただければと思います。
 スパっとやめられたらカッコ良かったのかもですが、怖い怖い、私の居場所じゃないなどとのたまいながらもネットの世界に未練がないわけでもなく……カッコ悪;;
 顔の見えない怖い世界のように感じるけれど、16年間雪村を支えて下さったのは、ほとんど顔の見えない画面の向こう側の方々だったのも事実としてあるので。
 これからもちょっとずつ、何かしらコトバを紡いでゆく場所は残したいなと思います。

 多分閉鎖直前になるかと思いますが、もうひとつお知らせをしたいなと思ってもいます。
 あんまりこのサイトで言うことではないので、ひっそり言って言い逃げしようかと。でも、このサイトがあったからこそ実現したことなので、ちょっとだけ公表したいな、と。

 そんなわけで、もう少しだけお付き合いいただければ幸いです。


 さー、明日も仕事だ。
 ぼちぼちいこう。
10/27 お礼とお詫びとお知らせと言い訳

 まず、お礼とお詫びを述べさせてください。
 6/30に拍手コメントをくださいましたM様、お返事が出来ないまま5か月も経ってしまい、申し訳ございません。折に触れ下さるM様の優しいコトバに、背中を押して頂いていました。心から感謝しています。
 過去にいただいたメールでの励ましのお言葉、今も時々読み返しています。
 本当にありがとうございます。



 さて。
 2002年11月15日に立ち上げた当サイトを閉鎖することを決めましたのでお知らせ申し上げます。
 管理しきれないのが一番の理由です。サイトでもやりたいことが沢山あったのですが、時間が取れず、更新が出来ないまま自己嫌悪に陥るということを繰り返している内に時間が流れ、16年も経つと、時代が変わっていて、立ち上げ当初と同じ形のサイトを運営していくことは難しいと感じるようになりました。
 当時と違い、今はスマホの時代。スマホに対応していないサイトなど、時代遅れも良いところですが、スマホに対応させる能力も余力もなく、このままこのサイトを続けていくことは難しいと感じるようになりました。
 また、SNSの普及に伴い、ネットやその中にあふれる“コトバ”のあり様が変わってきて、ネットの中にコトバを落とし続けることの難しさを感じるとともに、そもそもネット自体が自分の居場所ではないように感じています。

 サイトの始まりは『サクラ大戦』がきっかけでしたが、今は『るろうに剣心』がメインになっています。
 その中で、原作者のかの事件。自分の中で折り合いをつけようと思ったけれど、それはそれで難しく、また、今更のように繰り広げられるメディアミックスや新章を素直に受け止めることが出来ず、継続することの難しさを感じています。
 原作が好きだからこそできた妄想。
 原作が大事だからこそ描けた原作後の話。
 それらは、新章が始まったことによって止まってしまい、コトバとして紡ぎだすことも難しくなってしまいました。新章が始まった時点で、原作全面否定ということになってしまうわけですから。それは、私のしたいことではありません。

 長く続いているが故に『ONE PIECE』にはついてゆけなくなり、『るろうに剣心』と『サクラ大戦』は長年築き上げた公式設定を新作を打ち出すことによって公式が破壊るするという謎な事態が起こっているように感じるのだけれど、“リメイク”や“続編”が当たり前の昨今、それが当たり前の状態になっていて、それが受け入れられない私は、きっともうこっち側にはいられないんだなぁとしみじみ感じています。
 『ヲタ恋』読んでますけど、出てくるヲタク用語やネットスラングがもうわからないんですよねー……。「草」とか。

 東京に引っ越して1年。
 体重が18キロ落ちました。ダイエットをしたわけではありません。不自然なほどに自然と落ちていきました。
 その中で体力や思考力が低下し、今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなるもどかしさに自分で苛々しています。
 体調を整えることを優先して、それ以外のことには、少し耳を塞ぎたいなと思いました。逃げです。解っています。でも、逃げます。


 そんなこんなで。
 一旦16年の活動に終止符を打ちたいと思います。
 ただ、ここまで沢山SSを書いてきたことは事実で、これを読んでくださる方がいらっしゃるのもまた事実なので、今後は跡地としてSS部分だけを整理して残すか、SNS時代ですし、pixivなどに一部を移して、気が向いたときにちょこちょこ新作を書いてゆくか、あと半月で考えようと思います。


 16年の間で、この小さなサイトに遊びに来て下さり、応援して下さり、支えて下さり、沢山の優しくあたたかいコトバを下さった沢山の方々に心から感謝しています。
 本当にありがとうございました。
 明日、最後の新作をアップして、サイトの更新を終えようと思います。
 16年前、今振り返れば恐ろしいほどにおぼこだった頃には興味はありつつも触れることが出来なかった18禁を最後の最後に解禁します。
 当時は「百合って解る?」と聞かれて真顔で「花の名前」と答え、「あなたはそのままでいて欲しい」といわれたものですが、さすがに16年もそのままではいられませんでした。直接的な表現の入ったお話になりますので、苦手な方はすみません。最後の最後に申し訳ないです。でも、多分、「雪村のこういうの読んでみたかった」という方もおられるんじゃないかな、と思ったり(多分、別CPで読みたかった方もおられるでしょうが。。。)
 最後の暴走、受け止めていただければ幸いです。

 そして残り半月ちょっと、当サイトにお付き合いいただければ幸いです。


 長い間、ありがとうございました。

 ここに来て下さったすべての方々へ、感謝を込めて。


TOP

L [PR]XLPA @]E ϕi Cu`bg