Web拍手お礼絵 2012.05〜2012.06
  〜愛しさの糧〜

OVA『るろうに剣心・星霜編』の主題歌、笠原弘子さんの『愛しさの糧』からイメージした4つのストーリー。
その中のシーンを歌詞に合わせてイメージしながら描いてみました。
歌詞はこちらから→

冒頭「優しい手だね〜とても静かに」の辺り。
恵は誰に「優しい手だね」と言われたら涙を流すのでしょう……
そんな妄想から生まれたストーリーでした。書けなくて残念;;
――【るろうに剣心】高荷恵

「春の砂浜 膝で眠った」の辺り。
膝で眠るのは、最初は大神の予定でした。
が、ストーリーを考えている内にこうなりました。一番しっくり来るコンビです。
――【
サクラ大戦】マリア・タチバナ


「あなたの髪を〜指で梳いた時」の辺り。
一番悩んで、一番ぼんやりした中で描いた人でした。
結局、かなり違う方向の話が出来上がりました。
“あなた”が別人で、もっとドロドロっとした話になる予定でした(笑)
――【
ONE PIECE】ニコ・ロビン

「不意に全てが 分かった気がした」の辺り。
大事なことに気付いたようです。
ジェイルの話は、爽やかになりやすいです。
――【
VALKYLIE PROFILE】ジェイル

「苦しみたちが〜帰ってゆくようでした」の辺り。
側にあれば、それだけで苦しみさえ消えてゆく言葉、その手の温もり。
それに気付くまでに、少し時間が掛かる人です。
――【るろうに剣心】高荷恵

「あなたが近い こんなに近い」の辺り。
距離感がどうにも解り難いのですが、触れられる距離です。
手を伸ばしても側にいない彼ではなく。
離れても離れることのない心の距離でもあります。
――【サクラ大戦】マリア・タチバナ

「震える声でそっと 「ありがとう」とだけ」の辺り。
ロビンにとって、意外とすんなりとは出てこない言葉だったのでは。
「ありがとう」そのたった一言を、今まで心から口にする相手がいただろうか?
そんなことを考えて、ストーリーに変更しました。
ストーリーを書き進める内に、衣装が変わりました;;
――【ONE PIECE】ニコ・ロビン

「とても小さく〜愛しさの糧に変わる」の辺り。
大事なことを受け入れたようです。
ジェイルの表情の変化は描いていて楽しいです。
――【VALKYLIE PROFILE】ジェイル

「あなたの頬に〜目隠しをしたの」の辺り。
なかなか良い表情が描けたのではないかという自己満足があります。
――【サクラ大戦】マリア・タチバナ

初めて聞いたとき、この言葉が突き刺さった曲でした。
恵にしろ、マリアにしろ、ロビンにしろ、ジェイルにしろ、大切な人と死に別れていて。
今、側にいる誰かの存在の大きさに気付く時が来るはず。
側にいる温もり。愛しさ。たった一つの言葉が、その糧になる。

「優しい手だね」
「ありがとう」
春の砂浜で、そう言葉を交わすだけの曲ですが、大切な存在に気付く瞬間。
祈るような気持ちで現れる最後の言葉。それが、自分だけではなく、相手にとっても大切であるように。
この曲が心から愛おしいと思ったひとことでした。
5月に、同曲をテーマにサクラ大戦、ONE PIECEでSSを書きました。
るろうに剣心、VALKYRIE PROFILEでもSSの構想がありました。
そのイメージのイラストだと思っていただければ。。。
1番描きなれているはずの恵に1番苦戦を強いられました。
こういうイラストを描いていると、イメージがより一層深まるので楽しいです。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット