十字架


 金色の鎖を首にかけ
 細い背中には重たい十字架
 君はいつでも罪の意識に捉われ
 前を向く事すら恐れていた

 過去は君を雁字搦めにして
 前へ進む事を拒ませる
 重たい十字架は君に圧し掛かり
 過去から決して逃しはしない


 誰が君を追い詰める?
 誰が君を苦しめる?


 血の色をした手袋も
 闇のように君を包むコートも
 君を過去に縛り付けて
 決して離しはしない


 何が君を追い詰めるんだ?
 何が君を苦しめているんだ?


 何も知らずに俺は
 君を傷つけた
 何も知らずに俺は
 君を追い詰めた

 だけどこれから
 きっとこれから
 君のもっともっと深いところに触れて
 君のもっともっと深いところを知って
 君と共に生きてゆきたい

 君と共に、未来を歩みたい

 血の色をした指に触れ
 闇の色を抱き締めて
 君の十字架を共に背負い
 過去の鎖から解き放つ


 誰も君を追い詰めない
 何も君を苦しめない

 誰にも、何にも
 君を傷つけさせたりはしない


 君と共に、未来を見詰めたい

 今、自分の本当の気持ちに気付いたから――

「十字架」を背負う少女。
未来を見失い過去に捉われる少女。
これから総てを変えてゆける――。

大神の、密かな祈り。

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット